経費削減

お得な料金で導入できる充実の「ビデオサービス」で経費削減&顧客満足度アップ!

2016.03.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅館や民宿に泊まるとき、客室で楽しめるビデオサービスを見るのが楽しみだった、という人も多いかもしれません。

現金を入れるタイプや、プリペイドカードを購入して見たいときだけ差し込むタイプなど、いくつかの種類がある宿泊施設のビデオサービス。これまでは「少ないチャンネルしか映らない」というサービスも多く、利用者が必ずしも多いとはいえないサービスでした。

しかし、近年は客室内のビデオサービスに力を入れる宿泊施設が増えてきており、特にビジネスホテルでは、チャンネル数を増やしたり、利用できるサービス内容を拡充するところが多くなっているのです。BSが全て見られる、VODサービスが充実しているなど、自宅にいるよりもさらに多くの番組を楽しめる宿泊施設も珍しくありません。

初期費用のコンパクト化でビデオサービスが充実

客室内で見ることができるビデオサービスが人気となっている背景には、サービスを導入する際のコストが下がっているという要因があります。

ケーブルテレビ会社では、ホテルなどの大口顧客向けに、お得なセット商品を多く用意しています。建物全体にサービスを導入する契約を交わせば、すでに設置していあるテレビを取り替えることなく、それまでより圧倒的に多いチャンネル数を楽しむことができます。

VODサービスを導入する際も新しい機器を入れる必要がなく、ネット回線があれば初期費用は大幅に抑えることができるのです。

また、電話回線やネット回線と合わせての契約となればさらにお得な料金で利用することができたり、メンテナンスも一括で行うことができたりというメリットもあります。

最近では4Kテレビの登場により、映画館などに行かなくても臨場感あふれる画像をテレビで楽しむことができるようになっています。

これを活用して、宿泊施設の客室にもテレビ・ビデオサービスを充実させることで、利用客の呼び込みを行うことが可能です。

宿泊料金や立地などがほぼ横並びとなっているビジネスホテルにおいては、特にこういった室内ビデオサービスが他社との差別化の際、重要となるのではないでしょうか。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする