ニュース

Airbnb、2016年データ分析結果を発表!日本の経済効果に期待高まる!?

2017.06.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最大手のコミュニティ主導型マーケットプレイスのAirbnb(エアビーアンドビー)は、4月24日、Airbnbコミュニティのデータと2017年1月に実施したホスト・ゲスト調査の結果を基にした「日本における短期賃貸に関する活動レポート」を発表しました。

日本に対する経済効果は、9,200億円!

Airbnbが4月24日に発表した「日本における短期賃貸に関する活動レポート」によると、2016年にAirbnbコミュニティが経済活動により創出した利益は4,061億円にのぼり、2015年の2,363億円と比較して1.7倍となっています。

日本におけるAirbnbコミュニティの経済効果は9,200億円と推計され、2015年の経済効果5,207億円から約1.8倍となりました。

また、2016年インバウンドゲスト(訪日外国人)の数は2,400万人に達し、 そのうち370万人を超すインバウンドゲストがAirbnbのリスティング(部屋)に宿泊しました。2015年の137万人と比較すると、2.7倍となりました。1人あたりの平均宿泊日数は3.4泊となっています。
2016年、日本の標準的なAirbnbホストのホスティングによる年間収入額は100万4,830円です。一般的なAirbnbホストの年間貸し出し回数は、89泊となっています。

47都道府県すべてに網羅されたAirbnbは、地域活性化にも貢献

今回のレポートでは、宿泊利用率の高い都道府県と滞在都市も発表されました。

Airbnbでの宿泊利用率の高い上位10都道府県

第1位 大阪府
第2位 東京都
第3位 福岡県
第4位 奈良県
第5位 広島県
第6位 沖縄県
第7位 徳島県
第8位 群馬県
第9位 高知県
第10位 栃木県

2016年10月には岩手県釜石市と覚書を締結し、2016年5月より釜石市でもAirbnbリスティングに宿泊できるようになりました。

Airbnbを利用したインバウンドゲストの滞在上位10都市

第1位 東京
第2位 大阪
第3位 京都
第4位 福岡
第5位 札幌
第6位 那覇
第7位 名古屋
第8位 広島
第9位 沖縄
第10位 名護

Airbnbのリスティングは、47都道府県すべてにあり、典型的な観光地以外のエリア以外の商店街や飲食店にもインバウンドゲストが訪れる機会を提供しています。

また、2016年Airbnbを利用したインバウンドゲスト数の上位5ヶ国は韓国、中国、アメリカ、香港、台湾となり、アジア圏からの人気の高さがうかがえる結果となりました。
2020年の東京オリンピックに向けて、今後ますます、観光の拡大や地域活性化の促進、経済発展に貢献することが期待されます。

<参考> (一部の引用元)
Airbnb Japan株式会社 プレスリリース 2017年4月24日(PR TIMES):
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000016248.html

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする