用語解説

アロット(Allotment)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正確には「アロットメント(Allotment)」であり、「分配・割り当て」を意味します。日本の宿泊業界では「ブロック」と呼ばれることが一般的で、航空業界では「アロット」が一般的です。

旅行業界では、ホテルや航空会社による一定数の客室・座席の提供が恒常的に行われてきました。例えば、航空会社が旅行会社に確保してある座席分を預け、販売を委託します。期限内に売れなかった座席は航空会社に返される仕組みとなっていて、これが「アロット」の仕組みです。

これを「アロット」または「ブロック」と呼び、これまでは旅行会社はいかに多くのアロットを預かることができるかを競っていました。しかし近年、消費者のニーズが多様化し、同一のアロットが大量にある必要性は重要ではなくなっています。アロットの販売率も低下しているためアロットの提供量も減少傾向にあります。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする