用語解説

業務渡航

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「業務渡航」とは海外出張のことを指します。「ビジネストラベル」という言い方をすることもあります。観光旅行と異なり、企業や観光庁の業務目的の旅行となるため、緊急手配になるケースも少なくありません。

一般的に、業務渡航にかかる費用は経費として支出され、その回数や費用は景気の影響を強く受けるといわれています。海外出張者のニーズによって、航空券とホテルだけでなく、ビザの手配も求められることがあります。

渡航先は世界各国が対象となるため、スピーディで正確な手配作業が重要となります。業務渡航を取り扱う旅行会社は、専門性の高いコンサルティング能力と、予約手配のノウハウが豊富であることが必要です。

業務渡航者の中には大学の教授や研究者も多く含まれていて、国際会議や共同研究、留学といった目的の渡航も珍しくありません。こういった学術渡航の場合は、学術渡航に特化した旅行業者が請け負うケースもあります。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする