用語解説

周遊型観光

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「周遊型観光」は、名所や旧跡の見学をするために複数の観光地を異動し、宿泊地を変えていく旅行形態のことをいいます。日本における観光・宿泊業界では、これまでは周遊型観光が大きな割合を占めていましたが、近年は旅行者のニーズが多様化し、その割合は減りつつあります。

これを受け、国内の宿泊施設は周遊型観光に対応した1泊2食という受け入れ体制から、泊食分離や連泊スタイルを取り入れるところが増えています。

ただし、海外旅行のパッケージツアーにおいてはさまざまな地域の周遊型旅行が用意され、一度の旅行で多くの国や地域を観光したい人に人気があります。

宿泊先を変えながら複数の観光地を巡る「周遊型観光」に対して人気が高まりつつあるのが、「滞在型観光」です。これはリゾート地や都市を拠点にして周辺の観光やレジャーを楽しむスタイルのことで、旅行者と地元との交流や、旅行者がリピーター化しやすいという特徴があります。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする