用語解説

CRS(Computer Reservation System)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

航空機の座席などの手配・発券を行うためのコンピューター予約システムのことを意味します。もともとは航空会社が自社の座席を効率的に販売するために設計・運営していたものですが、その後旅行代理店にも利用が拡大しました。

世界で始めてこのシステムを開発し導入したのはセーバー社で、国内では日本航空系のアクセス、全日空系のインフィニなどが該当します。当初は集中型システムでしたが、分散型システムへと発展しました。

主な機能としては、フライトスケジュールの情報取得、空席状況取得、運賃照会、座席予約、発券やチケットの払い戻し・キャンセルとなっています。

CRSを利用する旅行会社のネットワークが世界規模になるにつれ、フライト予約だけでなくホテルの予約やレンタカー、クルーズ、鉄道会社など多くの旅行商材供給会社これを活用するようになり、これを「GDS(Global distribution system)」とも呼びます。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする