用語解説

燃油サーチャージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

航空機の燃料となる油の価格に付随し、運賃とは別建てで徴収される料金のことをいいます。燃料特別付加運賃、燃料サーチャージ、フューエルサーチャージともいいます。

近年の原油価格高騰により、航空会社はそれまで航空券代金によってまかなっていた燃料代を、運賃とは別に徴収するようになりました。燃油サーチャージには円建てと外貨建てがあり、行き先が同じでも航空会社や発着日によって金額が異なる場合があります。原油価格が一定まで下がれば、燃油サーチャージは徴収されないことになっています。

燃油サーチャージの額は、原油の相場を元に算出されます。シンガポールケロシン(航空燃油)市況価格が基準にされることが多く、これをもとに年6回、2ヶ月ごとに金額を改定する航空会社が増えています。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする