用語解説

IATA(International Air Transport Association/国際航空運送協会)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1945年に設立された世界の航空運輸企業の団体で、日本での通称は「イアタ」です。カナダのモントリオールとスイスのジュネーブに本拠地を置き、事務総長兼CEOはトニー・タイラー。日本事務所は東京都港区。

国際線を運行する航空会社、旅行会社、旅行関連企業が加盟しており、会員数は250社以上に上ります。IATAの目的は、安全で確実かつ経済的な航空運送を発達させ、航空貿易の推進と研究、国際団体との協力です。

主な活動としては、航空運賃や発券・運用ルールの決定となっています。1980年代以降は航空運賃の高止まりを画策するカルテル企業との批判も多く、近年はIATAに加盟せず、独自に運賃決定をする格安航空会社も多くなっています。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする