用語解説

協定旅館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「協定旅館」とは、旅行会社と販売契約を結び、協定旅館連盟に加入している旅館のことをいいます。協定旅館連盟は、加入している旅館で組織される任意団体で、旅行会社ごとに異なります。

旅行会社と協定契約を結ぶことは、旅館の販売チャンネルを広げたり利用者への信用を高めることに役立ちます。一方で、旅行会社にとっては旅館を囲い込むことができるというメリットがあります。

しかし近年では、インターネットを使って、旅館が旅行会社を経ずに直接販売することも可能になっています。このため、旅行会社と協定契約は結ぶものの、協定旅館連盟には加入しないという旅館も増えています。

JRや大手旅行会社では、協定旅館とタイアップして特別料金での宿泊プランを提供したり、特典付きの旅行商品を販売することがあります。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする