用語解説

有償座席利用率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

航空機の総座席数に対し有償客が搭乗している割合を示す数字のことで、「ロードファクター(load factor)」ともいいます。無償客は含めないという点で、搭乗率とは異なります。一般的に有償座席利用率が上がると利益も向上しますが、近年ではLCCなどによる低価格チケットも増加しており、有償座席利用率の上昇が利益の増加につながらないケースもあります。

有償座席利用率は座席の販売状況を計る指標となっていて、航空会社の路線ごとに損益分岐点が設定されています。これを大きく下回る場合は、機材や便数を調整して収益の改善を行うことになります。しかし、最近では運賃が多様化しており、有償座席利用率だけでは損益の判断がしにくくなっています。このため、予約席全体の利用運賃シェアを反映したイールドマネジメントを行う航空会社が増えています。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする