用語解説

マス・ツーリズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第二次世界大戦後、米国や西欧といった先進諸国において発生した、観光旅行が大衆(マス)にまで幅広く拡大した現象のことを指します。また、大衆化された観光活動のことを指すこともあります。マス・ツーリズム現象の結果、それまでは富裕層に限られていた観光旅行が一気に大衆のものとなったのです。

米国で1950年代に現れたマス・ツーリズムは、日本では1970年の大阪万博を境に一気に拡大しました。戦後の経済成長による可処分所得の増加や新幹線の開業、ジャンボジェット機の就航といった要素に加えて、大型ホテル・旅館の開業が相次ぎ、旅行会社によるパッケージツアー創出といった背景も追い風になりました。

しかし一方で環境汚染や自然破壊といった課題も抱え、マス・ツーリズムによる弊害も指摘されてきたのです。これに対して現在の日本では旅行の個人化が進み、旅行スタイルの細分化が進んでします。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする