用語解説

最少催行人員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

募集型旅行企画を実施する場合、最低必要とする参加人数のことを「最少催行人員」といいます。予約客がこれに達しない場合、旅行会社はこの旅行を中止することができます。

ただし、旅行中止にあたっては予約客への連絡に関する規定が定められており、時間的余裕を持って旅行の催行と中止を決める必要があります。国内旅行においては、旅行開始日の前日から遡って13日目、海外旅行では23日目に当たる日より前に、連絡を行わなくてはいけません。

最少催行人員の設定は旅行の規模によって異なり、大型ツアーなどでは10人や20人といった設定もありますが、小規模ツアーの場合は5人やそれ以下ということも珍しくありません。

近年は旅行の個人化が進んだことにより、最少催行人員が1人というフリープラン型のパッケージツアーも増えています。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする