用語解説

アウトバウンド(旅行)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行・ホテル業界では、「アウトバウンド」は【自分の国の外へ出て行く旅行】を指し、一般的には海外旅行を意味します。

日本から外国へ旅行することを「アウトバウンド」と呼ぶのに対して、日本を訪れる旅行を「インバウンド」と呼びます。例えば、日本人が海外へ旅行することは「アウトバウンド」であり、外国人が日本を旅行するときは「インバウンド」となります。

「アウトバウンド」は『外へ出て行く』という意味で、ビジネスやマーケティングシーンでも使われる言葉です。

近年、日本を訪れる外国人観光客数が増えていることや、日本政府が観光立国を掲げていることなどから、旅行業界で使われていた「アウトバウンド」という言葉が一般的に使われるようになりました。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする