経費削減

いまや需要は急速に低下!「ペイテレビ」の設置・継続は、利用者目線で実用性を判断しましょう!

2016.04.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペイテレビとは「有料テレビ」とも呼ばれるサービスのことで、ケーブルテレビや衛星放送など、視聴料金を支払い契約することで視聴できるテレビ放送を指します。客室の端末に購入したテレビカードを挿入して視聴するシステムがよく知られていますが、最近では端末レスのタイプも導入が進んでいます。ホテルのテレビといえばこれ、というイメージを持っている人も少なくないのではないでしょうか。

しかし近年、ペイテレビの需要は急速に低下しているのが実情です。平成27年末の段階で、ペイテレビの視聴率は9%を下回る状況にあることがわかっています。

一昔前まで、ホテルで見られる映像サービスの中核を担っていた存在ともいえるペイテレビは、今や限られた人にのみ利用されているサービスだといえます。

ペイテレビはなぜ人気がなくなったのか

ホテルの代名詞ともいえるほど存在感の大きかったペイテレビですが、スマートフォンやタブレット端末の普及とネットインフラの拡充によって、大きな影響を受けています。スマートフォンやタブレット端末があれば、いつでもインターネットにつながることができ、ネット上の動画配信やゲーム、ウェブコンテンツを楽しむことができる時代になっています。

ホテルや旅館に宿泊する人は、客室にいるときでもテレビを見る必要がないのです。

今や、わざわざテレビカードを購入しなくても、インターネット上で無料の動画やコンテンツを楽しむことができます。また、動画配信サービスは低価格でお得なパック商品が充実しているため、月額で契約する人も増えています。

自宅にテレビがない、という若者も増えているといわれていますが、実際テレビ放送自体の視聴率が年々低下しているため、ペイテレビの需要は一層低くなっていると考えられます。

ペイテレビならではの役割も減少の一途に

男性宿泊者を中心にニーズのあったアダルト番組は、ペイテレビの視聴率を上げるために欠かせない存在の一つでした。出張などで一人でホテルに泊まるときの楽しみだった、という人も多いかもしれません。

しかし最近では、アダルト番組ですらネット上で見ることができます。むしろアダルト系のコンテンツに関しては、自分のスマートフォンで視聴すれば誰にも知られずに気兼ねなく楽しむことができると考える人が多くいるようです。

ペイテレビの場合はホテルのフロントに管理コンピューターが置かれていることが多いため、アダルト番組の視聴内容や利用時間がわかってしまうのでは、という利用者側の不安がありました。自分で契約している端末での視聴ならば、こういった不安もありません。

スマートフォンやタブレット端末の普及により、安心で快適に利用できるテレビサービスを、宿泊者自身が持ち歩くようになったのです。

ペイテレビは今後どうなっていくのか

視聴者が映像サービスを選び、自分で持ち運ぶようになったことで、ペイテレビのように受動的な映像サービスは今後も需要が下がっていくと予想されます。低価格で多チャンネルを楽しめる動画配信サービスが続々と登場している中、割高感のあるペイテレビが視聴率を回復することは非常に難しいといえます。

視聴率が取れないと、ペイテレビを導入しているホテル側にも経費負担が大きくなります。

ペイテレビのシステムを業者による委託設置にしている宿泊施設では、今後システムを存続するかどうかの検討も必要になりそうです。また、システムをすでに買い取っている場合でも、本当に利用者に必要とされているかどうかを再確認する必要はあるのではないでしょうか。

利用者目線で実用性を判断することで、ペイテレビに関するコストは大幅に削減できる可能性があるのです。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする