経費削減

省エネ照明にはデメリットもあった!?ニーズに合わせて低コスト化を目指すことの大切さ

2016.10.03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長寿命、省電力といった魅力のあるLED照明は、家庭はもとより旅館・ホテルなどの宿泊施設にとっても大変魅力的な存在です。しかし、照明を設置する場所や使用状況によっては、LED照明が必ずしも得だとは限りません。ともすると、従業員の作業効率を下げてしまったり、利用者に不満を与えてしまう恐れもあるため、照明選びは慎重に行う必要があるのです。

省エネ照明が生み出す意外なマイナス効果とは?

電気代のコストカットにはLED照明が必須、と考える経営者の方は多いかもしれません。しかしホテル・旅館は、他のサービス業や一般的な事務所などと比べて環境が複雑であるため、一概にはLED照明が適しているとは言えません。

なぜなら、多くのホテル・旅館では宿泊・宴会・飲食といった異なる部門を抱えており、部門ごとに照明の使用状況が異なるため、適した照明もそれぞれ変わってくるからです。LED照明を導入する場所が照明の特性に適していない場合、満足なコストカットにはつながりません。

LED照明は、初期費用が高く長寿命という特徴があるため、点灯時間の短い場所に設置すると償却期間が長くなり非効率的になる可能性があります。また、大量に照明を取り替える場合、LED照明は利益を回収するのが難しい場合もあります。

コスト削減でサービス低下?ホテルが抱えるジレンマ

LED照明はいまや多くのメーカーが参入している、成長著しい市場です。このため、玉石混合の品質が問題視されており、時に思いもよらないトラブルを招くこともあります。例えば、電圧の変化によるちらつきが生じやすいという特性を持つため、LED照明の導入により目の疲れや不快感を感じることがあります。安価なLED照明を購入すると、従業員の作業効率を低下させる恐れがあるのです。

ホテルのロビーや廊下で照明トラブルが起きてしまうと、宿泊者にとっては施設全体への不満へとつながりかねません。また、明るさの調節や照明の間引きを行うことで、「経費削減に熱心なホテル」という印象を与えます。結果、ホテルならではの高級感や非日常の演出が台無しになってしまいブランド力の低下につながります。

省エネ照明を選ぶ際は、LEDランプに加えて蛍光ランプ、ハロゲンランプといった他の省エネ商材との比較・検討が重要です。また、従業員による省電力の徹底といった運用改善も効果的なので、省エネ照明と合わせて導入していくことが大切です。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする