ニュース

京都市認定通訳ガイド「京都市ビジターズホスト」検索サイト「クレマチス」オープン!

2016.10.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都市及び公益財団法人京都文化交流コンベンションビューローは、京都市独自の通訳ガイド「京都市ビジターズホスト」を手配するための検索サイト「クレマチス」のサービスを2016年9月29日に開設したことを発表しました。
京都市ビジターズホストが様々な場面で、歴史・文化・伝統産業をはじめとする、京都の奥深い魅力を多くの外国人観光客に伝えることができるように活躍を支援することがねらいです。



ガイド検索サイトについて

サイト名称は、「クレマチス」
クレマチスの花言葉には、「旅人の喜び」「おもてなし」があり,多くの観光客を迎える京都市認定の通訳ガイドとしてのホスピタリティを表現しています。また、サイトの名称及びロゴマークにクレマチスの花のデザインを採用しています。

希望日や条件(英語対応、中国語対応、旅程管理主任者)を指定して検索すると,条件に合致したガイドが表示され,直接ガイドへの要望や相談,問合せも可能です。(検索サイトは日本語及び英語に対応)
京都の観光事業者については、必要に応じて京都市ビジターズホストへの募集情報を掲載すること等が可能です。

現在は、2016年8月27日に誕生した京都ビジターズホスト第一期生56名から順次登録が開始されています。

京都市認定通訳ガイド制度とは?

日本国内において報酬を得て通訳案内業務を行うには,国家資格である「通訳案内士」の資格が必要となります。しかし、国から特区の認定を受けた地域では、「地域限定特例通訳案内士」として、その地域に限り通訳案内業務を行うことが可能になります。

京都市では、この特区制度を活用して、急増する外国人観光客の満足度向上・新たな雇用の創出・京都経済の活性化を目指し、平成27年12月から、外国語で京都の奥深い魅力を伝えることができる通訳ガイドの育成・確保を図る京都市認定通訳ガイド制度を運用しています。

また、京都企業のビジネス拡大・通訳ガイドの活躍の場を確保するため、外国人観光客や京都の観光事業者等とのマッチングを支援する面談会の実施や、京都市ビジターズホストを紹介する当該検索サイト「クレマチス」の構築を行っています。

今後さらに増えることが予想されている外国人宿泊客向けのガイド手配などに有効活用してみてはいかがでしょうか?

<参考>
(京都市情報館)
京都市認定通訳ガイド制度の開始及び研修受講生(第一期)の募集について:
http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000191255.html
京都市認定通訳ガイド「京都市ビジターズホスト」第1期生認定式及び観光事業者との面談会の開催について:
http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000204667.html
京都市認定通訳ガイド「京都市ビジターズホスト」検索サイト「クレマチス」の開設について:
http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000206085.html

クレマチス 公式サイト:
https://www.kyotovisitorshost.com/ja/

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする