用語解説

オープンスカイ政策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他国の航空会社との乗り入れ等に関する取り決めの規制を撤廃する政策のことを言います。航空業界では、1944年にアメリカ・シカゴで締結された「国際民間航空条約(シカゴ条約)」に基づき、航空会社の乗り入れをはじめ、便数や運賃等を2国間の協定で決めることになっていました。

この規制が自由化されると、航空会社の所属する国を問わず、空港を広く開放することができます。人や物の流通を促進され、経済効果が高まることが期待されます。

近年、アメリカやEU諸国を中心にこの「オープンスカイ政策」が導入されており、アジアの国々も相次いで「オープンスカイ政策」を取り入れています。自国の航空会社が厳しい国際競争にさらされることになるため、日本はこの政策の導入に消極的でした。しかし最近では、国際情勢に付随する形で、日本も「オープンスカイ政策」に移行しつつあります。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする