用語解説

手配旅行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行会社が、旅行者の要望に応じて旅行者の代わりに航空券やホテルなどの手配を引き受ける契約を「手配旅行」といいます。これは旅行業法の規定により、3つに区分けされた旅行の形態のうちの一つです。他の形態は、「募集型企画旅行」「受注型企画旅行」です。

手配旅行の最大の特徴は、旅行中の事故や旅程変更に関する旅行会社の責任が発生しないことだといえます。旅行会社は旅行者の委任を受けて代理で取次ぎ行為を行うだけの契約なので、旅程保障と特別補償は発生しません。

また、手配旅行は個人的なオーダーメイド旅行という扱いになるため、仮に希望通りのホテルや航空券の予約が取れなかったとしても、予約の際にかかる通信手数料などが発生することもあります。旅行者は、依頼した内容の旅行手配に必要な実費と手数料を、旅行会社に支払うことになります。

\ホテル経営者様に朗報!/

その客室放送(VOD)コスト削減可能かもしれません!

VOD簡易コストシミュレーター

現在の
エリア
(都道府県)
契約形態
支払費用
初期費用万円
月額費用万円
利用サービス
導入
予定の
部屋数
部屋
契約形態
希望条件

シュミレーションする